堺市にてヘーベルハウスの屋上防水!塩ビシートで増張りしました

屋上防水工事

旭化成ヘーベルハウス屋上防水

堺市にて屋上防水を行いました。防水にもいくつか種類がありますが、今回は塩ビシート防水にて工事させて頂きました。塩ビシート防水はシートを貼り付けていく工法なので下地に凹凸が少ない屋上などに適した工法です。

こちらのお宅は元々が塩ビシート防水がなされているので、既存の塩ビシートの上からさらにシートを貼る、増張り工法での施工を行います。それでは、屋上防水・ベランダ防水の様子をご紹介させて頂きます。

落ちない汚れは手作業で

洗浄にて落としきれなかった汚れ

まずは高圧洗浄にて付着した汚れなどを綺麗に洗浄します。高圧洗浄で落としきれなかった汚れは手作業で丁寧に落としていきます。

プライマー塗布

屋上防水プライマー

洗浄作業で綺麗になった後はシートを貼る所全体ににプライマーと言われる接着剤を塗布していきます。密着性を高める役割をしてくれます。

塩ビシート

塩ビシートを敷いていきます。突起のある部分もピッタリ合わせて施工していきます。

塩ビシートは正式には、塩化ビニル樹脂を主成分とした合成高分子系防水シートです。言葉だけ聞くと難しいですが、防水性や耐久性に優れており、さらに燃えにくいという性質もあり人気のある素材です。

シート側にもしっかり接着剤を塗布します

接着剤塗布

屋上全体に敷き詰めるシートのサイズが決まったら、塩ビシート側にもしっかり接着剤を塗布していきます。張り付けた後はローラーを使用し圧着させていきます。

端部もしっかり圧着させます

熱による圧着

立ち上がり部分の圧着も念入りに行います。

Uシール塗布

Uシール

隙間には専用の溶剤を流し込みます。乾燥すると塩ビと同じ素材になる溶剤です。Uシールと呼ばれています。

金物取付

立ち上がり部分金具取付け

さらに立ち上がり部分には金物を取り付けてコーキングで隙間を埋めます。

重なってる部分も溶接で圧着

熱による圧着

シートの重なり合っているつなぎ目も熱を入れて溶接にてしっかり圧着させました。

突起物周りも

付帯部周りも丁寧に溶接

突起物の周りも隙間なく溶接していきます。

ドレン取付け

ドレン取付け

元のドレン(排水溝)の内側に新たにドレンの筒を取り付けます。その為、元のドレンの筒に亀裂や割れがあっても雨漏りや水が侵入する心配はありません。

ベランダ塩ビ防水

ベランダ防水

ベランダも同じ様に塩ビシート防水を行いました。こちらも増張り工法にて施工させて頂きました。

完全に水の侵入を防げます

屋上塩ビ防水

これで塩ビシート防水は完工です。

防水工事完工

ベランダ塩ビ防水

塩ビシート防水は屋上やベランダなどに良く施工される防水工事です。塩ビシート防水は耐用年数と費用のバランスが良く費用対効果の高い工事としてとても人気の高く弊社でも施工させて頂く事の多い工事です。防水工事を検討されている場合は是非南大阪ペイントセンターまでお問合せ下さい。(*^-^*)

こちらもご参照下さい。八尾市にて屋上・ベランダ防水

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912