外壁の種類と特徴メリット・デメリットについて色々詳しく教えて

 

今回は外壁の種類についてご紹介して行きたいと思います。

タイル

こちらはタイルです!タイル自体が高級な物で非常に耐久性がある物で通常塗装によるメンテナンスは特に必要性はありません!

ですが年数があまりに経っていて色褪せ等が酷い場合は塗装をするケースもあります。

目地

こちらの写真は窯業系サイディングの外壁です。

今多くの家で使われている外壁です!色々な柄がありお洒落な外観が人気の理由じゃないでしょうか。

また塗装についてはサイディングは塗膜がなくなると吸水してしまうので塗装によるメンテナンスは必要です。

ひび割れ等もしにくく耐久性がありまた耐火性にも優れています。

サイディングはシーリングが重要です。その為シーリングの状態をこまめに見てあげる必要性があります。

モルタル外壁

続いて次にモルタル外壁です。

サイディング同様耐久性・耐火性に優れていてデザインの自由度が高いです。

デメリットとしてはひび割れしやすい!コストが高い!汚れが目立つ等の面があります。

またこちらの写真はモルタルのスタッコという物です。

その他にもモルタルにはリシン、ボンタイル、セラミック等色々と種類があります。

ツートン

次にALC外壁です。ALCは素材が軽く断熱・遮音・耐火性に優れています!

その為夏は涼しく冬は暖かく過ごせれるでしょう。

吸水性がある面もあります。

壽命が約50年と長いですが、50年間ほったらかしで良いという訳ではありません。

塗装によるメンテナンスをキッチリと行う必要性はあります!

メンテナンスをしていればALCのボードを張り替えたりする必要はないでしょう。

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912