堺市・松原市の外壁塗装や屋根塗装の専門店 主な施工地域:羽曳野市・八尾市・東大阪市・藤井寺市・大阪狭山市

「外壁・屋根の塗装」なら南大阪で一番選ばれる専門店へ

築40年以上の家・マンションでも新築のようなキレイな仕上がりに!

お名前 必須

電話番号を入力 必須

メールアドレス 必須

※申込みしたからと言って弊社で契約する必要は
 ありませんので安心してお申し込みください。

工事前に業者から1週間で工事が終わりますといわれたのですが、いざ工事が始まってみると、なんと4日間で工事が終了。あまりの速さに本当にしっかりと塗装したのか心配になりましたが、何も言うことができず。その後、3年も経たないうちに塗りムラと激しい色落ちがしてきました。あわてて業者に電話するが連絡がつかないという状況に・・・

塗装工事が終わり3ヶ月が過ぎたころ、なにげなく家を眺めていると不具合を発見。気になり業者に連絡すると、今は忙しいのでまた連絡するとの回答。その後連絡がくる気配なし。こちらから何度も連絡するが、のらりくらりと同じ対応。契約時や工事中では対応をしてくれましたが、その後のアフターフォローが一切してくれないという残念な結果に。

屋根の上などの高い場所はお客さんが確認しにくい場所、そんな場所は丁寧に塗装していない可能性が。屋根の上は、ほとんどのお客さんが危なくていけなません。業者に「しっかり塗装しました」といわれれば、ちゃんと塗装したのかしら?と思いながらも確認はできません。工事が終わって半年後・・・。しっかり塗装したはずの屋根がはがれてきたという残念な結果になることもめずらしくありません。

工事前に色や仕上がりを決めたものの工事が終わってみると、まったく思い描いていたイメージと違ったものに仕上がることがあります。業者のいわれるままメーカーのカタログから色選びに悩み、見本が小さいのでイメージしにくいなと思いつつも、仕上がりのイメージは自分で想像し選択。

その後工事がはじまり、作業中は少し色が違うと不安に思いつつも業者に任せっきりでいたら、最後の足場解体で愕然。しばらく放心状態に。実際に仕上がったのは、思っていた色と全然違う。

別の色と間違ってるんじゃないかと業者に確認したが、淡々と「選んだ色には間違いない、塗り替えは有償となる」といわれやり直しもできず泣寝入り。不満と怒りを抱えたまま、次回の塗り替えまでの10年くらいを嫌な気持ちで過ごさなくてはなりません。

塗装をする前に洗浄工事というものがあります。長年の汚れやカビ、コケなどを強力な水で洗い流す工程です。洗浄工事では本来、水の勢いが強いので近隣に注意しなければいけません。特に家から近いすぐの隣家は、洗浄の汚れ水が飛び散る危険があります。

事前のお知らせや作業時に飛ばないよう対策するのが基本です。しかし、そのようなことをしない業者さんにお目にかかることもあります。近隣挨拶をしなかったり、水しぶき対策もしなかったり、干している洗濯ものがあるにもかかわらず、平気でそのまま洗浄してしまったため、汚してしまうというひどい業者もあります。当然、近隣からの大クレームがなんてことに・・・

自社職人を抱えていない業者は、工事を丸投げする場合があります。
丸投げとはお客さんと契約した後、工事はすべて下請けや孫請けに任せることです。丸投げの場合、自社職人ではないためお客さんへの応対などがまったくわかっていない職人が多いです。

応対以外にも技術不足といってもいいようないい加減な職人さんが来ることも。
若いお兄ちゃんなら茶髪にピアス、そして車の停め方も大雑把な感じに。道路も歩行者が通れないことや安全確保なんて気にしません。作業中のおしゃべりにくわえタバコ、足場作業中に大切な植木を踏まれるも一言の謝罪がないなどの散々な工事になるかも知れません。

また昔ながらの年配職人もいます。ツバや痰をそこらじゅうに吐いたり、ひどい場合は近隣で立ち小便をするというケースもあります。近隣に平謝りするのはもちろんのこと、自分自身も後悔と嫌な気持ちでいっぱいになり、塗装工事なんてするんじゃなかったと後悔するかも知れません。

昔ながらの塗装店を運営している会社は、未だに昔ながらのセールスと工事を行っていることもあります。昔ながらの工事だと丸投げ→下請けさんの工事費少ない→手抜きせざる得ないということもありますので注意したいところです。

業者選ぶ際、大きく分けて3つの業者さんの種類があります。1つ目は訪問販売系のセールス会社、2つ目はハウスメーカーや工務店、3つ目は塗装店です。どこの業界も、どこかが間に入るとお金が発生します。マージンというものです。例えば以下をご覧ください。

塗装ができるのは塗装店だけ。塗装店が仕事をするのです。
ですから、依頼するなら直接塗装店に発注するのがかしこい方法です。昔なら塗装店は電話帳には載っていたものの社名と電話番号だけ。少し大きめの広告があってもどんな会社かわからないので、選ぶことは難しかったのですが、昨今インターネットの普及でどんな会社かはおおよそ検討はつきます。

ホームページが充実している塗装店はたくさんありまので、選択肢は十分にあります。わざわざ専門店以外から選ぶ必要はありません。塗装専門店の中から信頼のできる業者さんを選ぶとよいと思います。

昔の塗装屋さんの見積書はいい加減でした。家をほとんど見ないで「◯◯万です」と口頭で見積金額をいったり、その場で手書きでざっと書くというのが当たり前。ひどい場合は見積などなく仕事が終わってから金額がわかるということも。そんな業界だったのです。お茶を出したりと職人のご機嫌を伺い、職人にいい仕事をやってもらうという慣習があったようです。

しかし、現在そんな昔ながらの方式は通用しません。
消費者が業者を選ぶのです。

昔ながらをやっている業者さんも未だに存在しますが、見積書のこのようなところで判断できます。よくない見積書の特徴をあげますと・・・

  • 項目が詳細に書かれていない
  • 作業ごとに金額が書かれていない
  • メーカー名、材料名が書かれていない
  • 塗り回数が書かれていない
  • 詳細な塗装箇所が書かれていない
  • 説明のできない経費が計上されている
  • 塗らないものが書かれていない

そして、直感的にわかりやすいかどうか?も大切です。

つまり、見積書がわかりにくいとか、大ざっぱな場合は、何をどうするかという仕様が曖昧なので、職人次第で仕事の良し悪しが決まるという博打に近いところがあります。仕様が明確でない=自由度が高い=職人次第という図式にどうしてもなってしまうのです。

塗装は塗料選びも大切ですが、誰が塗るかという観点も大切です。どんな良い塗料でも塗り手の技量がいまいちであったり、手抜きされてしまえば塗料そのものの性能が発揮されないからです。10年持つ塗料が7年しか持たないということにもなりかねません。ですから、どんな職人さんが塗るのかということも大切です。

つまり、自社職人さんであればいいということです。ウェブサイトに職人さんが掲載されていたり、見積や塗料の提案時に紹介があったりとなんらか紹介があれば安心です。業者さんによっては下請けの丸投げという仕組みの場合、誰がくるのか決まってない場合も少なくありません。

また、その職人さんの資格と塗装歴などをチェックされるといいと思います。
塗装の資格といえば、一級塗装技能士という資格があります。国家資格であり実務経験7年以上必要なのであったほうがベターで、塗装歴も10年前後あると安心です。

実績に着目してみるのも良いと思います。経験豊富で実績が多いことは安心材料なにります。実績が多い=選ばれている業者さんの可能性があるからです。ただ実績が多い場合でも根拠のない実績は少し疑ってみましょう。簡単な確認方法は、ウェブサイトに実績が掲載されているかどうか?とその数は?です。気になる業者をピックアップして掲載数の比較をするのです。

ただ、業者さんによっては掲載してないこともありますので、「私の近隣で施工されたところを見せてもらうことはできますか?」と聞いてみるのも一つの方法です。業者さんがどういう反応をするのかをチェックします。

また、どの地域で実績が多いかという観点も取り入れられるといいと思います。地元に根付いた業者さんは地元に施工実績が多いですし、はじめて間もない業者さんだとエリアが定まってなく実績がポツンとして広い傾向があります。大阪府全域や関西全域など広い傾向があります。

南大阪ペイントセンターでご注文いただくケースで、前回の塗装は、知り合いの業者さんに工事してもらったという方や近隣さんに勧められて一緒に工事したという方も少なくありません。その方々が口をそろえて言うのは、知り合いや紹介の手前、言いたいことが言えなかったと大きな不満をかかえているいうことです。

なぜそのようなことになってしまうかというと、軽い気持ちで見積りを依頼してしまうからです。その結果、現地調査などの見積を丁寧にしてもらったことへの負担や、お知り合いという負担が重なって、非常に断りにくくなるのです。さらに価格交渉もできないといいます。

知り合いの業者さんでも言いたいことがいえる仲でない限り見積依頼は慎重に検討された方がいいと思います。軽い気持ちで知り合いの業者さんに声をかけるのは危険です。

会社の組織作りがしっかりしているかという観点から見られるのもいいと思います。私(代表榎本)の経験からお話させていただくと、弊社は私と職人さん数名からスタートした会社です。創業当初から仕事はきっちり行ってきたつもりですが、私も現場に出ていたので忙しくて、対応がおろそかになりがちでした。

塗装工事は完璧に仕上げても不具合が発生する可能性のある商品です。ですから工事後のフォローというのが必須になります。フォロー体制が整っていないと、塗装シーズンなどの忙しい時期は、現場から現場へと休む暇がなく、フォローがあと回しになりがちになります。ある程度のスタッフを持ち余裕をもって運営されているかが大切です。

それを確かめる方法として、職人さん以外のスタッフが必要な「定期的なお知らせ」や「情報誌」などを発行しているかなどを見られるといいと思います。工事後のフォローも期待していいと思います。

良い業者さんの共通点は、地元に根付いているということです。
根付くというのはその地域で長く経営し、多くの実績があるということです。

まず、長く経営している目安ですが、10年程度を目安に考えるといいと思います。なぜ10年かというと、中小企業の10年以内の倒産率が約95%という統計があるからです。10年間経営できるということは経営面では、優良といってもいいかもしれません。その後のアフターフォローや保証が続くという意味では安心です。

次に、実績については、その5でお話しましたが「実績の数」と「エリア」という2つの観点から見るといいと思います。エリアについては、「地元が多い」もしくは「エリアが定まっていなく点々としている」かのどちらかになります。実績については「掲載されているか?」「数は多い?」「それは本当か?」ということになります。

最後に、しっかりとした事務所を構えているということです。事務所といっても、賃貸マンションの一室や車庫、倉庫などいろいろあります。特にこんな建物が信頼できるといったものはありませんが、外観を見て10年後もその業者は地元でしっかり活動してそうか?と想像してみるのもおすすめです。

また、外観から感じ取れる情報もたくさんあるので、まずはインターネットの地図などを利用してチェックされるのもいい方法です。お客さんから聞いた話ですが、事務所がそもそもなかったということもあるようなので注意が必要です。

認定資格や国家資格がたくさんあるからといって、信頼できる業者という訳ではありませんが、南大阪NO.1に恥じない最低限の資格は取得しています。

特に塗装技能士の資格は、第三者から基本的な技術を認められたということで若い職人や新しく入ってきた職人には試験を受けさせる取り組みをしております。

塗料はたくさん種類がありますので塗料選びも大切です。塗るだけで部屋の温度が下がる断熱塗料やひび割れに強い伸びる塗料、汚れの付きにくい塗料などいくつかの機能も持つ塗料があります。また10年持つとか15年持つ塗料という耐久性という観点からも選ぶことができます。

選ばれる塗装会社として、よいアドバイザーであることは大切ですが、扱える塗料の種類が少ないと提案できる選択肢も少なくなります。そんなことがないように、南大阪ペイントセンターでは、お客様の要望とお家にあった塗料を考えながらベストな選択ができるように、たくさんの塗料を扱える努力もしております。

南大阪ペイントセンターは、ハウスメーカーの認定施工店です。ハウスメーカーの仕事を長年経験してきました。ハウスメーカーの施工はとても厳しい基準があります。例えば、洗浄工程では圧力の強さ150kgf/cm2以上の水圧で長年こびりついたカビやコケ、汚れなど根こそぎ洗い落とさなくていけません。汚れの程度によっては特殊洗浄も行います。

その他、足場設置、下地処理、塗装工程、乾燥時間、塗装方法などの詳細な基準があります。南大阪ペイントセンターでは、ハウスメーカー基準を参考にお家に最適な塗装を行います。だから、ダントツの塗替え品質です。そして、ハウスメーカー系の塗替え依頼もたくさんいただいております。

塗装工事を行う上で大切な要素の1つが職人との意思疎通です。
職人は工事の進め方をわかっていますが、お客さんはわかりません。工事前に説明は行っていますが、忘れたり理解できなかったりするもの。

そこで、この交換形式の日報が非常に効果を発揮します。本日の作業内容や明日の予定を職人が記入し、説明が必要なことなどを記入してお客さんへお渡しします。留守の場合はポストへ。

お客さんはそれを見て確認、気になることや質問、要望をお書きいただくスペースがあるので都度ご記入いただき、翌日職人へ渡すということを繰り返すことにより、満足いく塗装が実現しやすいというものです。

またいいにくい事や細かくて質問するにも躊躇するようなことでも書けるということで絶大な評価をいただいています。完了報告書はもちろん全工程の完璧な状態でお渡ししています。しっかり塗装した証拠も残るので安心です。工事中は交換日記が活躍し、工事後のことは写真で確認できる完了報告書が活躍するので、満足いく塗装工事になりやすいと好評です。

南大阪ペイントセンターでは、次回の塗り替えもお任せいただける塗装会社でありたいと思っています。そのためには、塗装完成後からのお付き合いが大切だと考えています。

まず、万が一の不具合があるといけませんので、塗料の種類によって3-10年間の保証書を発行。もちろんこれは塗料選定や下地処理、塗り方に自信があるからこそできる保証年数です。

また、塗装工事はどんなにきっちり仕上げたとしても不具合がないといえない商品です。
ですから、その際はご連絡ください。しっかり対応させていただきます。

南大阪でNO.1は本当でしょうか?と疑問を持たれる方もいるかもしれません。その証拠として南大阪で施工事例が多いからできること。それは施工事例を実際に見ていただくことです。

実績に嘘をいっている業者さんもいるかも知れませんし、南大阪ペイントセンターも嘘だと思われているかもしれません。ですから、弊社が本当にNO.1かどうかお確かめください。


実際に見ていただき、お客さんの声を聞いていただくこも可能です。南大阪ペイントセンターに任せて大丈夫かなとお思いなら百聞は一見にしかず!

一般的な業者さんではいわゆる営業マンが診断をします。営業マンとは塗装経験がない方のことで、マニュアルに沿った説明はできますが、劣化診断は経験がないため判断できないこともあります。

では、営業マンとキャリア20年の一級塗装技能士との違いは何でしょうか?
それは「よりよい解決策を持っている」ということです。

例えば、ひび割れのしている外壁の提案だと、営業マンはマニュアル通り、ひび割れを処理して塗装と提案すると思われます。その方法でも間違いではありません。ただ長い目でみると脆弱な外壁の場合は、ひび割れを起こす可能性があるということを考えておかなければなりません。

このケースで外壁がひび割れしやすいとわかれば、ひび割れ対策を埋めるだけでなく一旦ひび割れを大きく広げてから補修し、塗料は弾力性のあるもので下塗りを増量するなどの提案をした方が、よりよい解決策だと思います。外壁だけの対策では難しい構造上の問題の場合、根本的な解決方法や塗装以外の方法を提案した方がお客さんには優しいです。

その他、営業マンでは解決できないような下地の状態・湿気・日当たり・素材の判断などがあり、塗装経験者の方が理想的。ですから、経験を積んだ診断士が理想的だと考えます。

南大阪ペイントセンターの一級塗装技能士の提案によるメリットはこのようなものがあります。

  • 不具合が起こりにくい
  • 塗装が長持ちする
  • ムダな費用がかからない
  • マニュアルにないイレギュラーな問題に対応できる
  • イレギュラーなお客さんの要望にも対応しやすい

また塗料の提案に関しては、独自の観点をもって塗料を選んでいます。
特に発売して5年未満かつ施工実績の少ない塗料は注意をしています。まれに塗料の欠陥品があるからです。「この塗料は本当に大丈夫か?」ということを独自の調査と研究の上で使用しています。

最近の傾向として耐久性と機能を備えた高級塗料を勧める傾向がありますが、高級塗料より断然安くそこそこ長持ちするコスパの良い塗料を推奨しております。

外壁や屋根の色を選ぶ際に、安易にカタログの見本だけで決めてしまうと失敗することが多いです。カタログの見本は、紙の上に塗装しているので色と質感が違うことと、さらに面積が小さいので実際の仕上がりと違って見えるので、イメージ通りにはいかないのです。

そこで、南大阪ペイントセンターでは、パソコンを使って塗装後のイメージがわかるカラーシミュレーションシステムが利用できます。また、実際の塗料を塗った見本板を作成いたしますので、屋外の壁にあて、最終のイメージチェックができます。見本板を利用することにより失敗はほとんどありません。

近隣に応援される工事とトラブルになる工事があるのをご存知でしょうか?
施工経験が多い南大阪ペイントセンターでは、正直申し上げて、過去の失敗があります。

しかしその経験を糧に試行錯誤の結果、トラブルを防ぐというよりもむしろ応援される工事の仕方を完成させました。

そもそもトラブルのほとんどは事前の説明と許可などをいただいていないことがほとんど。お客さまとトラブルを起こさない最低限の挨拶は行いつつ、さらにお客さまからとても評判の良いいつも笑顔のスタッフ田中が近隣にご挨拶の品を持って伺います。

ご挨拶と工事スケジュールと注意事項を近隣にお伝えすることで、想定されるトラブルを未然に防ぐことができます。塗装工事が応援される理由は、笑顔の田中が訪問するからです(代表談より)

昭和48年に松原市で創業をした父親の代から数えると、創業45年になります。
創業間もない頃は、貸倉庫1つからはじめた塗装店でした。もちろん地元で名前を知る人はいなかったでしょう。下請け仕事からはじめて、戸建・マンション・ビルなどを中心に塗装専門店として活動してきました。

現在は、戸建を中心とした部門と公共工事や大手ハウスメーカーなどの仕事を受け持つ部門とがあります。現在の代表である榎本が「南大阪ペイントセンター」として活動をしております。

南大阪ペイントセンターはこれまで45年間で、下請け工事を除く塗装工事は数えれるものだけで2327件以上のお客様の実績があります。南大阪で一番実績があり歴史のある塗装専門店なのです。

お名前 必須

電話番号を入力 必須

メールアドレス 必須

※申込みしたからと言って弊社で契約する必要は
 ありませんので安心してお申し込みください。

榎本さんに来て頂き納得の行く予算だったので安心して工事をお願いしました。工事中、職人さんが大変礼儀正しく、仕事も一生懸命。そのおかげで、大変美しく新築同様の家に変身しました!家族みんなで喜んでいます。これからは私の知り合いや友達にも南大阪ペイントセンターさんを紹介して行きたいと思っています。

3社見積りをとらせて頂き一番ていねいな見積りと説明、そして私のわがままな希望を唯一心よく承諾してくださった榎本さんの所にお願いしようとすぐに決めました。担当してくださった職人さんもすごく感じ良かったです。2週間楽しく過ごせました。ありがとうございました。また何年後かには、宜しくお願いしますね。

長い間思い悩んでいた東側の壁の雨もりをどうするか。南大阪ペイントセンターさんの方々の努力により壁が美しくもなり、台風で東より強力な雨風をみごとに耐えてくれました!雨もりが無かったのです。みごと完了までしてくださって感謝しております。工事に携わった全ての方々にありがとうございました。と言わせて頂きます。

丁寧なお仕事をして頂きありがとうございました。明るく可愛らしい雰囲気に変身して見栄えは大変良くなりました。毎日気持ち良く過ごしています。家族全員仕事があり朝、担当者の方と挨拶程度で、何のお構いも出来ず申し訳なかったと思いますがすべてお任せして本当に良かったと思います。知人にも貴社の事を推薦しようと思っています。

社長さんに初めてお会いし話をした時の印象が誠実さと熱心さを感じましたのでお願いしようと決めさせて頂きました。工事が始まって現場の職人さん達のすばらしい働きぶりに感心し、皆様に会う時が楽しくなりました。これからもガンバッテ続けていってほしいと思いました。丁寧に仕上げていただきありがとうございました。

塗装以外の所で気になっていた部分も直して頂いたり、
プランになかった所までペンキを塗って頂いたりして、
感謝の気持ちで一杯です!!

初めての外壁・屋根の塗装という事で、何もかもが全くわからず、沢山ある塗装会社の中でとこに頼めばいいのかずっと迷っていました。
ホームページを見て気になった会社2-3社に見積もりをお願いしたのですが、素人の私達にとてもわかりやすく丁寧に色々と教えて下さったのが南大阪ペイントセンターさんでした。仕事に対する熱意も伝わってきて、「ここの会社に是非お願いしたい!!」と感じました。

実際、工事が始まっても、職人さんみんな良い方ばかりで、質問にも丁寧に答えてもらえるし、塗装以外の所で気になっていた部分も直して頂いたり、プランになかった所までペンキを塗って頂いたりして、感謝の気持ちで一杯です!!

仕上がりも想像通りとても満足のいくもので大変気に入っています。
ご近所の方からも「すごくキレイになったね?」と誉めて頂けます。
本当に南大阪ペイントセンターさんにお願いして良かったな?と心底思っています。
知人や近所の方に「どこの塗装会社でしたの?」と聞かれても自信をもってオススメ出来る会社です。

最後に私達の家の塗装に携わって頂いた職人さん、皆さん、本当にありがとうございました。
丁寧なお仕事・対応に全て感謝です!
これからも身体に気をつけてお仕事頑張って下さいね。

仕事振りは言うまでもありませんが、 親切、丁寧を会社全員の気持ちだと、短い付き合いの中、痛感致しました。

今回、我家の外壁塗装工事を受注されました。
南大阪ペイントセンターの皆様ならびに我家担当の職人さんは、毎日酷暑の中、本当にお疲れ様でした。

お陰様で、我家も生きかえりました。ありがとうございました。
仕事振りは言うまでもありませんが、親切、丁寧を会社全員の気持ちだと、短い付き合いの中、痛感致しました。

又、職人さんが日記を書いておられるのにはびっくり致しました。
この日記が職人さんと施主間を回りますので、明日の工事の進み具合が良く分かって参考になりました。
今後も日記は続けて下さい。影ながら応援しています。

南大阪ペイントセンターの今後の発展をお祈り申し上げます。

塗装店担当者(綱本)・職人(中島)共にとても接しやすく、好感がもてました。

工事は大変丁寧で、今後のアフターフォローも期待できそうです。
今回、塗装工事をして頂き感謝の念で一杯です。感想は満足の一言です。

特に塗装店担当者(綱本)・職人(中島)共にとても接しやすく、好感がもてました。

◎社長はウソは付かないです。

これからも、前進してください。


全て要望も聞いて頂き、
きれいに仕上げて頂き満足しております。

此度はお世話になり有り難うございました。
家を新築して37年、これ迄も他の工務店さんに造築リフォーム他色々とお世話になりました。

今回、榎本さんに来宅して頂き私共のきになる所の部分や要望を色々聞いて頂き、又お話を伺って、「南大阪ペイントセンター」さんにお願いしたから安心して信頼できると感じ期待をしつつお願い致しました。

結果、全て要望も聞いて頂き、きれいに仕上げて頂き満足しております。
ご近所の方々からも「きれいになりましたね!」と言って頂き本当にお願いして良かった!と日々感じております。

職人さんにもお礼申上げます。(近所で職人さんの評判も良かったので私共もその言葉をお聞きして嬉しかったです)

これからもよろしくお願い致します。
有り難うございました。


お出しした、飲み物のペットボトルや缶を毎回、持って帰っていただき、マナーの良さが気持ち良かったです。

この度は、屋根、外壁塗装工事を施工して頂き、ありがとうございました。職人さんの礼儀がとても良く、ご近所さんから「朝は、挨拶もしてくれるし、静かに作業をされているので感心した」と言っていただきました。

お出しした、飲み物のペットボトルや缶を毎回、持って帰っていただき、マナーの良さが気持ち良かったです。サイディングのカラーは、見本通りの落ち着いた色で、見違える様な素敵な外壁に生まれ変わりました。

仕上げるまでの写真も撮っていただき記録として頂きました。こちらの不安を解消していただける交換日記は、毎日の工事の内容がわかるのでとても助かりました。いいアイデアですね。

南大阪ペイントセンターさんにお願いして本当に良かったです。


私の息子も工務店を営んでいますが、数々の協力業者さんに接してますが、南大阪ペイントセンターさんの対応は、誉めておりました。

アンケートに書きましたが、対応は全て合格だと思います。

私の息子も工務店を営んでいますが、数々の協力業者さんに接してますが、南大阪ペイントセンターさんの対応は、誉めておりました。

知人を2軒紹介致しますのでよろしく御願いします。


休みの日には必ず連絡をくださったり、小窓の養生を外しに来てくださったり、シンナー臭の漂う我が家ではとてもありがたいと思いました。

ほんの先日、我が家の外壁塗装の施工工事が終わりました。
我が家も施工前、どちらの業者にお願いしようかと頭を悩ませ、いろいろ勉強もしました。
その結果、こちらにお願いする事に決めました。

施工前、ご近所に挨拶回りをして頂けたのもありがたかったのですが、なにより、毎回、塗装の為に通って頂いた職人さんがとてもいい方で本当によかったです。

我が家の工事は、7月中旬。もちろん気の毒な程、暑い日も続いたのですが、なによりも今年は雨の日や台風が多く、何日も工事がストップした為、長いおつきあいになりました。それでも、休みの日には必ず連絡をくださったり、小窓の養生を外しに来てくださったり、シンナー臭の漂う我が家ではとてもありがたいと思いました。

もちろん出来上がりには大満足。こちらを選んだ事は正解だったと思います。


1日の作業終了後もきれいに片付けして帰られる職人さん。
ちゃんと声かけ(朝・帰る時)してくれる点も、毎日なのにきっちりしてくれて気持がよかったです。

今回は、南大阪ペイントセンターさんにはお世話になりました^_^
あっちこっちにヒビがいき、雨漏りも気になっていた外壁‥築約19年。
みちがえるほどに、きれいにしてもらいました。

仕事が早い、ていねい、にはビックリ!しました。
音もほんとに気にならず、静かでした。

作業中に気になることを書ける交換日記!よかったです。
日記に書けなかったことなど、口頭でお伝えしてもちゃんとお返事をかえしてくれたし、気さくにお話してくれた点もよかったです。

時間通りに、作業をすすめられる点もすごいなって思いました。
1日の作業終了後もきれいに片付けして帰られる職人さん。
ちゃんと声かけ(朝・帰る時)してくれる点も、毎日なのにきっちりしてくれて気持がよかったです。

風がきつく吹いた日、足場と家の間に風が吹き込み、家がゆれるほどだったので、不安で(夜11:00まえぐらい)にも担当の綱本さんにTELしてしまったのですが、嫌がる感じもなく、大丈夫ですよとお声かけしていただき、安心しました。今、友人等にもおすすめしてます。
塗装するなら南大阪ペイントセンターさんって。

また何かあればお願いしますね。本当にありがとうございました。


パンフレットだけでなく、ベニアの本物の色見本、大変決めやすかったです。

そろそろと思いつつ、先のばしの外壁塗装。
思いきった11月は、案外、春だけではなく塗装の季節だと聞いたからです。
南大阪ペイントさんにお願いして本当にお家がきれいに生まれかわりました。

礼儀正しく、教育がうけつがれていて、作業の始め、終わりのあいさつをして、けじめをつけているのは、きもちのよいものでした。

営業の方が、始めから終わりまで面倒みて下さり安心でした。
仕事の変わり目のたびに、足を運んでくれて自分の目でいろいろチェックをして頂いているので、発注を取って終わりという営業ではなく職人を経ての営業の方という安心感があります。

経費はかかると思いますが、パンフレットだけでなく、ベニアの本物の色見本、大変決めやすかったです。つづけてほしいと思います。

事務の方、始め、南大阪ペイントセンター様、本当にお世話になりました。ありがとうございました。


塗装工事に関しても期待していた通りの丁寧なお仕事ぶりで職人の皆さんも感じのいい方ばかりでした。

数年前から外壁塗装を考えはじめ、早くから塗装業者さんを探していました。その時にこちらのホームページを見つけ、塗装工事に関する分かりやすい内容と、仕事に対する熱意と誠実さを感じ、いつか外壁塗装をするなら南大阪ペイントセンターさんにお願いしようと決めておりました。

塗装費用に関しては、予算計上していたよりも随分と安くすみ、とても有り難かったです。
私は色選びにはかなりのこだわりがあるのですが、カラー見本も迷うほどたくさんの中から選ばせていただき、その中から納得の2色を決める事が出来ました。

塗装工事に関しても期待していた通りの丁寧なお仕事ぶりで職人の皆さんも感じのいい方ばかりでした。
高圧洗浄の日には、途中から雨が降ってきたのですが、職人さんは洗浄で跳ね返ってきた汚れと冷たい雨に打たれ、泥だらけになりながらも一生懸命に汚くなった家を磨いて下さり大変恐縮しました。

今度自宅を塗装する時にも南大阪ペイントセンターさんにお願いしようと思っております。
皆様、お世話になりました。またどうぞよろしくお願い致します。

お名前 必須

電話番号を入力 必須

メールアドレス 必須

※申込みしたからと言って弊社で契約する必要は
 ありませんので安心してお申し込みください。

南大阪ペイントセンター代表の榎本と申します。弊社の塗装職人をご紹介いたします。正直こんな話をしていいのかわかりませんが、代表の私は高校生のアルバイトから塗装をはじめて以来、塗装経験は20年以上経ちます。その間にはいろんな塗装現場をこなしてきました。自分でいうのもなんですが、塗装に関してだけは自信がありました。しかし、最近私よりも塗装が上手な職人が育ってきたり入社してくれています。

職人によって特長は様々ですが、ハウスメーカーの仕事ばかりをこなしてきた職人だと、綺麗さ、丁寧さ、正確さなどがまったく違います。また生まれ持った器用さ、人柄、整理整頓好きはとてもかないません。と南大阪ペイントセンターでは代表の私よりも優秀な職人が活躍してくれています。

業界の話をすると塗装職人さんは世の中にたくさんいます。しかし腕のよい職人さんはなかなかいません。さらに戸建住宅の塗装というのは特に細かい技術とお客さまとのコミュニケーションが大切です。技術はあるがそっけない職人だといい仕事をしても理解されず評価はイマイチなのです。そのような業界事情の中、南大阪ペイントセンターの職人たちは、とても優秀なものが育ったと思っています。どこの塗装店へ行ってもすぐに第一線で活躍する職人たちばかりなので、他の塗装店さんが喉から手がでるほど、ほしがる職人たちなのです。

このようにいくら自慢しても説得力がありませんので、一級塗装技能士などの資格類は、積極的に取得させています。また見積時のお家診断の担当者には診断関係の資格というのも大切だと思いこちらも取得を心がけています。お客さまにとって一級塗装技能士や資格=安心や信頼につながりませんが、例えば、一級塗装技能士は実務経験7年以上必要な国家資格なので最低限の証として積極的に取得を心がけています。

あとは、そんな優秀な職人たちに伝えていることがあります。
塗装の醍醐味をご存知でしょうか?

それは、足場がはずれた瞬間です。
長い工事期間中に、どんな風に変わっているのか、早くみたい!と思うもの。
そんな期待と、思っているイメージと違ったらどうしようという不安との気持ちが入り乱れるなか、いよいよ足場を外した時・・・「わぁ!よみがえった!」となるのです。

お客さまがよくこのような表現をされます。「みすぼらしくなった外観が、新築のように生まれ変わった!」ご夫婦がご一緒なら顔を見合わせて喜ばれます。また、感動し涙される方もいらっしゃいます。
この喜びや感動が理解できる感性を持った職人になってほしいなと心から思っています。

お客様から、フリーダイヤルのお電話をいただくか、お見積もりフォームからお申し込みをいただくと、担当のスタッフが対応いたします。
そして、お客様のご質問などの場合は、丁寧にお答えします。
お見積もり依頼の場合には、ご都合のよい日時を決定させていただきます。

お見積もりは無料になっておりますので、ご遠慮なさらずに、お気軽にお申しつけください。
今回は、ペイントセンターにご興味を持ってくれました、大塚様のご協力を得まして契約までの流れをご説明いたします。

撮影のご許可もいただきました。
お電話にて、大塚様とお約束をしていた日時にお伺いしました。

お客様のおうちに到着すると、まずお客様へのご要望をお聞きするヒアリングを行います。
聞き取り調査ですね。
お客様によっては細かいご要望のある方もいらっしゃいます。
また、全く決めてないお客様もいらっしゃいます。
お客様に合わせて提案できるようにいくつかのご質問をさせていただきます。
次に、お家の現在の状態を確認と、お見積りに必要な調査や計測をさせていただきます。
壁や下地の確認は、まず現状の壁や屋根の状態、ひび割れの大きさ、どの箇所を塗装するのか、どの塗料でいくのか、足場の立てる位置などを確認します。

この作業で壁の面積やその他の面積などを算出します。

塗る面積の算出は、お見積もりに必要なのです。
この日の調査及び測定の作業は終了です。所要時間30分くらいです。
スタッフが会社に帰り、調査した情報をもとに提案書及びお見積もり書を作成させていただきます。そして後日、お客様の都合の良い日にお伺いいたします。

前回、お約束をして日時に再びお伺いさせていただきます。
出来上がったお家の提案書と、お見積り書をご提出。
まずは、提案書とお見積書を一通りご説明いたします。
そして、わからない箇所や疑問などにお答えいたします。
後日、疑問が出てくることもあると思いますので、その都度ご連絡いただければお答えいたしますので遠慮なくご連絡ください。

ここまでが、無料のお見積もりの内容です。あとは、じっくりご検討ください。
売り込みはいたしませんのでご安心ください。

そして、多くの場合、あとから聞きたいことやわからないことなどがでてきます。
いつでもご連絡いただければご回答させていただきます。

お名前 必須

電話番号を入力 必須

メールアドレス 必須

※申込みしたからと言って弊社で契約する必要は
 ありませんので安心してお申し込みください。

塗る回数を1回-2回増量して合計4-5回塗りを行うことで、通常よりも3年以上長持ちさせる無料サービスです。どういうことかといいますと、関西ペイントや日本ペイントなどの一流塗料メーカーの仕様は通常3回塗りがほとんどです。

下塗り、中塗り、上塗りと塗料をしっかり塗り重ねて仕上げていきます。
しかし下地が弱っている場合、そのまま3回塗りをするとどうなるか?

実は下地の脆弱性の問題で塗装がめくれやすくなります。その結果、10年持つ塗料でも、早ければ5年も経たないうちにめくれてくる可能性があるのです。

つまり塗装が長持ちしないのです。

そこで、南大阪ペイントセンターは下地を強化するために、1回-2回下塗りを行って下地を強固なものにした上で通常の3回塗りの工程を行うことを基準にしております。

ただし通常その分の費用をいただいております。建物によって塗る面積が違い最大で7万円程度もかかってしまいますが、今回は期間限定で無料にさせていただくというサービスです。


※実はこのサービスは試験的に行っていまして予告なしに突然終了する場合もございます。その時はお許しください。
※このサービスは下地が弱っていると判断した場合のみ有効です。ですからサービスが受けられない場合もございます。

南大阪ペイントセンターを選んでくださったお客さまは、通常お家にて契約書にサインをいただきます。契約書には法律上クーリングオフ制度の明記が必須なので記載させていただいております。

弊社では契約いただいてから工事までの期間は、準備も含めて最短でも2週間くらいはかかります。また半年先を希望される方もいらっしゃいますので、どうしてもクーリングオフ制度とはミスマッチな気がしてなりません。

というのも、クーリングオフ制度が契約後8日以内の無条件解約なので、契約後9日から工事開始までには少し時間があります。半年先の人ならもっと時間がありますよね。その間に、やむを得ない事情がまれに発生します。

そのような場合は、急な事情があったり、塗装はできなくなったという場合は、南大阪ペイントセンターは無理に工事はしたくありませんので、その際は遠慮なくいってください。延期でも結構ですし契約解除でも構いません。

ということで、クーリングオフ期間を過ぎても契約解除はできますのでご安心ください。

ただ、ご注意いただきたいのは、工事が始まってしまうと弊社に工事費用が発生しますので、その際は契約解除できませんのでご了承ください。

塗装工事の代金はいつ払うものなのか?と、気になる方も多いと思います。
業者さんによっての違いはあるものの、一般的には初めのお取引の場合、工事前に30%や半金を前払いするのが通常の流れです。その他、着工前に全額を支払うのが条件という業者さんもいらっしゃいます。

ご注意いただきたいのは、着工前のお金を受け取ってそのまま逃走という悪徳業者の例もございます。ですから、事前にお支払いするというのはお客様にとってリスクがあるということです。

着工していないうちからお金を払うのは不安や抵抗があるという方も少なくありません。そこで、南大阪ペイントセンターは、そんな不安を解消するために、料金は全額後払い制をとっております。
工事完了をしっかり確認していただき納得いただいた上でお支払いをいただいております。

お名前 必須

電話番号を入力 必須

メールアドレス 必須

※申込みしたからと言って弊社で契約する必要は
 ありませんので安心してお申し込みください。

現地調査や見積提出時に30分以上お時間がいただけない方

しっかりとしたヒアリング(お客さんからの聞き取り)と塗装についての説明ができないとお客様にとってベストな提案と選択ができないと考えます。ただし、弊社と一緒になっていい工事がしたいとお考えの方で時間がない方はその限りではありません。弊社は全力を尽くします。お客さんの立会いなし見積書はポストへという方はご遠慮ください。

安く安くと、とにかく値切る方

弊社は駆け引きはいたしません。見積金額に掛け値を乗せておりませんので値引きは行っておりません。

神経質過ぎる方

塗装は既存のものに手を加えるもので新築工事ではありません。神経質過ぎる方はトラブルになる可能がありますのでご遠慮ください。

すぐ怒る、すぐ怒鳴る、暴力的な方

弊社のスタッフは一生懸命です。そんなスタッフを守るためにもご遠慮ください。

その他、いい工事を行うにはお互いの信頼が大切だと考えております。いい工事が難しそうだと判断した場合はお断りをさせていただくことがございます。予めご了承ください。

詳細な内容でお見積もりして
いただきたいのですが?

はい。詳細な内容でお見積もりいたします。
塗料メーカー、塗料名、塗料の使用量、仕上がり、塗装方法などを複数のプランでお見積・ご提案させていただきます。

相見積もりをしたいのですが?

はい。問題ありません。じっくり比較検討してください。

日中は仕事をしているので、
留守でも見積できますか?

はい。お留守でも大丈夫です。ただし、お留守中にお家の外周を点検させていただきます。その後、ご都合のよい日時にお伺いしてお渡しさせていただきます。

見積は土日祝でも大丈夫でしょうか?

土曜日は営業しておりますが、日曜祝日はスタッフの家族サービスの為、お休みさせていただいております。

ローンは可能でしょうか?

はい。可能です。塗装工事では、分割払いされる方もたくさんいらっしゃいますのでご用意があります。頭金なし、月々数千円から可能です。

取り扱いの塗料メーカーは?

関西ペイントさん・日本ペイントさん・エスケー化研さん・アステックペイントさんなど有名なメーカーさんはもちろん、あらゆるメーカーさんの塗料が使用可能です。

ハウスメーカーさんの建物の塗装は できますか?

はい。可能です。大手ハウスメーカーさんの建物の実績もたくさんありますので、経験が必要なハウスメーカーさんの塗装も問題なく塗装できます。

隣家との間が狭いですが
大丈夫でしょうか?

お家によっては、隣家とのスペースが小さいお家がございます。しかし、スペースが狭すぎて塗装できないという家はまれです。まずはお気軽にご相談ください。

日中は家に居てませんが
塗装できますか?

日中がお留守でも問題ありません。戸締まりをしっかりしてお出かけください。

どれだけ言葉たくみに伝えても、塗装後の品質が私たちの価値を決めるバロメーターです。その場しのぎの品質ではまったく価値がありません。

かつての私は、目先の塗装しか考えていない時期がありました。
ここで正直に告白します。

私の父が塗装店を営んでいたこともあって、高校卒業後に塗装の世界に入りました。一通りの塗装ができるようになって、父に初めて任された現場が和歌山県田辺市の小さな学校でした。

私は仲間たちと塗装工事をはじめ、最初の工程である外壁の洗浄作業を終えたところ、社長であった父が現場につくやいなや、私に駆け寄りこう叫んだのです。「なにやってんだ!これじゃあ、まったくダメだ!」

塗装をする前に外壁の洗浄という作業があるのですが、洗浄が不十分なことに腹を立てていたのです。私の経験上、このままでも大丈夫だと思いました。父と口論になりました。しかしすぐに決着はつきました。「おまえは目先の仕事しかしていない。わしらの仕事は時間が経ってから評価されるもの。その場しのぎでは信用を失う」ほんのしばらく理解できなかったのですが、はっと気づきました。そしてハンマーで殴られたような衝撃が頭の中をかけめぐりました。そう今まで長持ちなんて考えたことがなかったのです。

将来の塗装品質。このような意識を持つようになったきっかけは、この出来事でした。もちろん最初はいろんな葛藤や問題があり簡単ではありませんでした。ただ塗るだけのその場しのぎの単調な作業だったのが、将来の品質ときれいな仕上げというパッケージになったサービスを意識しはじめたのでした。そして、今の南大阪ペイントセンターの職人魂につながってきたのです。

僕がかつて行っていた目先だけの塗装なら正直、誰にでもできます。誰でもいいなら塗装職人さんは星の数ほどいます。しかし、このような職人魂をもった職人さんは限られます。

近江商人にはこんな心得があると聞きました。
売り手よし、買い手よし、世間よしという三方よし。

10年後の品質いかんが、三方よしということになります。
もちろん、100人が100人とも三方よしにはできないかもしれません。
それは、工事だから不具合が起こることもあるからです。
ただ、その時はしっかりフォローをする。そして、三方よし。

南大阪ペイントセンターでは、私たちよし、お客さんよし、地元よしという、そんなサービスを提供し続ければなあと思います。

とても壮大な夢ですが、南大阪ペイントセンターや優良店の職人魂に刺激を受けて、職人魂が伝播していく。松原市発、大阪、関西、そして全国へと広がっていく姿をイメージするとなんだかわくわくします。そんな職人魂が広がるととても嬉しいなと思っています。

ある日、母から聞かされたことがあります。はじめて任された和歌山の現場は父が通っていた孤児院だったのです。とてもお世話になったということで、父の会社も大変だった時期のようですが、外壁塗装と室内リフォームを奉仕させていただいていたようです。

それはほんの些細な事で、たいしたことではありませんが、私にとってはとても立派なことだと尊敬しています。私の会社はまだまだですが、父がお世話になった孤児院の塗装奉仕と父親から受け継いだ塗装魂とともに引き継いでいきたいと思っています。

お名前 必須

電話番号を入力 必須

メールアドレス 必須

※申込みしたからと言って弊社で契約する必要は
 ありませんので安心してお申し込みください。

会社名 南大阪ペイントセンター
所在地 〒580-0031 大阪府松原市天美北2-14-1
電話 072-337-0505
FAX 072-337-0506
メールアドレス info@my-painter.com
資本金 1000万円
創業 1973年
設立 2000年11月
事業内容 塗装工事専門店
資格 大阪府知事許可(般-26)第141989号
一級塗装技能士
二級塗装技能士
二級施工管理技士
有機溶剤作業主任者
特定化学物質作業主任者
乙種危険物取扱者
足場の組立て等作業主任者
高所作業車運転技能者
職長・安全衛生責任者
外装劣化診断士
窯業サイディング塗替診断士
雨漏り検診アドバイザー