大阪市住吉区にて外壁補修のご相談(新築時の施工不良でお困り)

大阪市住吉区にて外壁補修のご相談(新築時の施工不良でお困り)

ページの概要
大阪市住吉区の築20年の3階建て住宅にお住まいのお客様より外壁補修のご相談をいただいた内容を掲載しています。

新築時の施工不良から幕板や軒天のめくれが多発していました。
幕板はめくれが酷く、塗装をしてもまた剥がれてしまう可能性があるため幕板の上から板金でカバーするご提案。
軒天に関しては全体的に水が染み込んで割れていたので、軒天の貼り替えをご提案させていただきました。


大阪市の皆さま、こんにちは!

外壁工事専門店 南大阪ペイントセンターのマナベと申します。

新築時からの度重なる不具合があると、建築業全体に不信感が募ってしまいますよね。

今回ご相談を伺ったお客様も、何度も建築業者に手直しをしてもらい不安と隣合わせの状態でした。
正しい施工方法でキッチリと補修してくれる業者を探されていた際に、弊社のホームページをご覧になり点検のご相談をいただきました。

こちらのブログで分かること

・サイディングとタイル壁の外壁点検の様子
・幕板の剥がれのご提案内容
・軒天補修のご提案内容

施工不良や幕板や軒天の不具合でお困りの方に、きっとお役に立てる内容だと思います(^-^)

外壁補修のご検討は新築時の施工不良がきっかけ

外壁補修の相談に伺った大阪市住吉区の3階建て戸建て住宅

築年数 20年
きっかけ 幕板や軒天がめくれている、ひび割れが気になる 
外壁材 タイル・サイディング
屋根材 スレート瓦

タイル面とサイディングの2種類の外壁材を使った3階建ての戸建て住宅です。

新築時の施工不良で幕板や軒天がめくれており、外壁にもひび割れが見受けられます。

「幕板や軒天等の劣化を正しい施工方法で直してくれる業者さんに依頼したかった」と、今回弊社にご相談をいただきました。

外壁補修が必要な不具合箇所の調査

めくれてしまった幕板(まくいた)

めくれた幕板
幕板の塗膜がポロポロと剝がれていますね。

幕板は外壁材との取り合いに雨水が溜まりやすく、幕板の塗膜が剝がれたままですと幕板自体が腐食してしまいます。
ここまで塗膜の劣化が進んでいると、塗装では完全な補修は難しくなります。

できれば傷んだ幕板全体に板金を被せてカバーする工法が最善の方法だと思います。

剝がれが目立つ軒天(のきてん)

剝がれかけた軒天
軒天の剝がれだけでなく、全体が浮いているのが分かりますか?

雨水が軒天全体に染み込んでしまい、非常に脆くなっています。

雨水が染み込んで脆くなった軒天
赤枠の端部に隙間ができ、このままですと徐々に軒天全体が剝がれてしまいます。

ここまで劣化が進むと内部のケイカル板まで交換する必要があるので、塗装でのメンテナンスは難しいです。

ですので水分を含んだ軒天板を取り外し、新しい軒天に交換する工事が良いでしょう。

サッシ廻りのコーキングの劣化

サッシ廻りのコーキングの劣化
窓枠廻りのコーキングがわずかにひび割れていますね。

雨漏りが多いとされる窓枠からの原因のほとんどが、このコーキングの劣化によるものです。
コーキングの寿命は築10年ほどですので、築年数的にもコーキング工事で窓枠廻りをメンテナンスされると良いと思いますよ。

サイディングのひび割れ

サイディングのひび割れ
サイディング外壁の一部が横にひび割れていますね。

地面と水平にひび割れはその隙間から雨水が侵入しやすいので、見つけられ次第早めに補修が必要です。

補修方法は一度ひび割れ部分を削り補修領域を広めてからコーキングをするVカット補修で改善されます。

その他メンテナンスが必要な箇所

ベランダの調査
軒天すぐ上のベランダの防水層からも雨水が入り込んでいないか調査しました。

新築時ベランダに施工されたFRP防水は特に痛みなどはありませんでした。
定期的なメンテナンスとしてこと機会にFRPトップコートを塗布されると防水効果が長持ちしますよ。

塗装が不要なタイル面
タイル面は無機物で非常に耐久性が高いので基本的に塗装は不要です。

ですがタイル廻りのコーキングによる補修は必要です。
せっかく足場を組んでサイディング外壁を塗装するなら、タイル面はこの機会に撥水材を塗布されると防水性が高まりより安心だと思います。

屋根のドローン点検
屋根もドローンで調査しました。

スレート瓦の屋根は特に大きな傷みがありません。
このままスレート瓦を金属屋根などに交換のご予定がないなら、塗装をしてあげることでスレート瓦の防水性が復活し長持ちしてくれますよ。

外壁補修のご提案内容

大阪市住吉区の外壁補修の相談に伺った住宅

ご提案内容

劣化部位 ご提案 理由
サイディング外壁 外壁塗装 塗膜の防水性がなくなっているため
幕板 板金でカバー 幕板の塗装不可、今後の補強のため
軒天 軒天の貼り替え 軒天の劣化が激しく、交換が必要のため
サッシ廻りのコーキング コーキング工事 窓枠からの雨漏りを予防するため

外壁補修の見積もり金額

足場仮設費用や補修工事をすべて含んで約137万円~157万円(税別)のお見積もり金額をご提示させていただきました。

幕板や軒天の貼り替え工事金額を含んでいるので、同じような規模の3階建て住宅よりも約50万円ほど高くなっています。

塗料のランクによってお見積り金額が異なるので、塗料名や㎡数を明記した計4プランのお見積書をご提示させていただきました!

補修内容の提案が決め手となりご成約

お客様アンケート(一部抜粋)

塗装だけでなく板金等、付帯工事の提案が良く決めた。

新築工事の際に悪徳施工業者に苛まれ、本工事も不安でした。
しかし、担当者綱本さんに何度も足を運んでいただき、打ち合わせや提案を重ねるにつれ安心できるようになりました。

ご不安を抱かれていましたが板金や軒天の補修のご提案内容を検討いただき、ご依頼をいただくことになりました。

新築時の施工不良という大変な思いをされていることから、建築業全体に大変な不信感があったと思います。
そんな不安な思いの中、弊社にご縁をいただき誠にありがとうございます。

そんなご不安が二度とないように、精一杯お家を蘇らせてみせます!

補修後の様子は近日中に施工事例ページに掲載予定ですので、今しばらくお待ちください(^-^)

▼施工事例UPしました!(2022/07/06更新)▼

お客様のアンケート

その他の大阪市からの外壁のご相談や点検の事例

ショールーム見どころ

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談

ショールーム見どころ

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談