家の周りにある塀の役割は何?塀はなんで作られる様になったの?

今回はについてお話しさせて頂きたいと思います。

塀

塀にも色々な種類があります。こちらの写真はブロック塀です。コンクリートのブロックが積まれた物で耐火性・耐久性に優れていて施工も比較的しやすいのが特徴です。その他にレンガの物やコンクリート塀等があります。

 

 

塀

塀は家の周りに設置され防犯や目隠し等の役割をもっています。

塀

昔は外敵の侵入や攻撃を防ぐ為に作られていたらしいですが近年ではデザインにたけた物もあり家の外の空間でありながらプライベートな空間を演出したりする等の理由で使われたりしています。

塀

塀は家の周りを囲み昔は目隠しする為等背の高い物が多かったのですが最近ではオープンスタイルの塀も人気がありお洒落やデザインを目的とした物が人気で増えてきています。背の高い塀の方が従来の防犯・安全性は高いのですがデザインなどのバリエーションが少ないのと高く積み上げる分コストがかかってしまうというデメリットもありますが安全としっかりとしたプライベートな空間を作れる所はメリットになります。

低い塀も安全性が無いわけではなく逆に外から死角がない為安全だという意見もあります。

塀を作る際にはデザインにこだわるのか・防犯・安全性は大丈夫なのか・隣接しているお宅の日照問題は大丈夫なのかなどが注意点になります。

 

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談