屋根瓦の面白い使用法と日本瓦に似て実は違うセメント瓦について

本日は街で見かけたスレート瓦の面白い使用法とセメント瓦をご紹介します。

 

スレート瓦

こちらは一般の一戸建ての住宅によく使用されるスレート瓦です。公園の休憩所の屋根に使われていました。

 スレート瓦の壁

こちらは珍しくスレート瓦を外壁に使用している物でした。瓦を外壁に使用するというのが斬新な発想だなと感じました。

スレート瓦の壁

塗装によるメンテナンスをした時にタスペーサーを屋根の様に折り重なっていないのでつけないであろうと思っています。

セメント瓦

こちらはセメント瓦です。すごくよくできているので一般の方が見たら普通の瓦と思うんじゃないでしょうか?日本瓦と似ているようで実は素材や特性が違うんです!

セメント瓦はその名の通りセメントが原料です。日本瓦の場合は粘土質の土を高温で焼き上げて作っています。日本瓦の場合は寿命が永く50~100年程持つと言われており強い耐久性を持っていて基本塗装によるメンテナンスは必要ないですがセメント瓦の場合は瓦自体には耐久性が無い為塗装によるメンテナンスは必要になってきます!

壽命は30~40年程と言われています。

たまに誤解をされる方もおられるのですが壽命が30年程と言ってもほったらかしにして良いという訳じゃありません!葺き替え等をせずとも良いという事ですが塗装によるメンテナンスをキッチリと行うのが前提です。

キッチリと塗装する事で永く使っていただく事ができます。

 

 

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912