外壁塗装をすると、どんなメリットがあるの?!

マスチックローラーで外壁の下塗り

外壁塗装って、値段が高いイメージがありますよね。

確かに、外壁塗装の値段はお安くはないですし、外壁塗装をするとなると大がかりな工事も必要になります。お金かかるし、面倒くさいし、まだ平気だよね…と、放置している方も多いのではないでしょうか。

しかし、外壁塗装をしないでそのまま放置していると、一体どのようなことになってしまうのでしょうか?

これが分かると、外壁塗装をしないではいられなくなります。

外壁塗装の4つのメリット!

どんなにキレイな家でも、年月が経つにつれて外観が劣化することは避けられません。そのような場合には、外壁を塗り直すことによって、住宅は見栄えよく生まれ変わります。

しかし、外壁塗装のメリットは外観が良くなることだけにはとどまりません。外壁塗装をすることで、外壁はしっかりとコーティングされ、外界からの水や風の刺激や振動などに対する防御力がアップするのです。それに伴い様々なメリットが発生してきます。

メリット1 耐久性が高まり寿命が延びる

外壁塗装をすることによって、外界からの水が外壁に浸透することや隙間に侵入することを食い止めることができるようになります。壁材にとって、水分は耐久性を減らしてしまう最大の原因です。

外壁塗装によって水分を防ぐことによって壁材へのダメージを抑え、耐久性をアップさせることができます。住宅の寿命が延びると家自体の財産価値の維持につながりますが、それ以上に、ご家族が大切なマイホームで安全に安心に過ごせることになります。

メリット2 断熱効果・遮熱効果を高める

外壁塗装をすることで、内側の空気を逃がさない断熱効果も、太陽光を跳ね除ける遮熱効果もアップします。外壁塗装をすることで外壁をカバーする力が復旧し、断熱効果が高まります。また、遮熱塗料には太陽光エネルギーを跳ね除ける効果があるので、遮熱効果を高めます。

冬は外気を遮断するので部屋を暖かく保つことができ、夏は直射日光などによる外壁や屋根表面の温度上昇をおさえられるので冷房の効果を高めることができます。断熱性と遮熱性のある塗料を併用すると、効果をより実感することができます。

メリット3 カビやシロアリなどの被害を防ぐ

住んでいる人の健康に被害を及ぼす心配のあるカビや、外壁だけではなく家全体に大きなリスクがあるシロアリの被害を防ぐことができます。

外壁塗装をすることで外からの水分の侵入を食い止めることができ、そのことが、カビやシロアリが好む水分の多い環境を作らないということに繋がります。

カビについては、耐久性以上に心配なのが健康面です。カビによって汚染された空気を常に吸う状態になってしまうと、健康で快適に暮らすことができなくなってしまいます。

メリット4 外壁が汚れにくい光触媒塗料も

セルフクリーニング効果のある光触媒塗料などを使用した外壁塗装は、外壁に付着した汚れを雨が降った際などに自動的に洗い流してくれます。水をはじく「撥水性」のある外壁は、水ははじきますが油成分の汚れを防ぐことができないため、しだいに汚れが溜まっていきます。

しかし、セルフクリーニング効果のある外壁は、空気中にある水分子を取り込み外壁の表面に薄い水の膜を作るので、付着した汚れを外壁自らが雨できれいに洗い流してくれます。クリーニングを外壁が自分で行ってくれるので、大変な外壁のお手入れをしなくても外壁を長期間美しい状態で保てます。

外壁塗装のデメリットはなし!強いていうと塗装費用と期間

外壁塗装のデメリットについてですが「ありません」と断言できます。

強いてデメリットというなら・・・
・外壁塗装の費用かかる(50-100万円程度)
・外壁塗装の期間中は不自由になる

費用や工事期間などで、外壁塗装をすることを躊躇している方もいらっしゃるかと思います。しかし、外壁塗装をせずに長い間放置していて家全体の劣化が激しくなってしまうと、外壁塗装する以上に補修の費用が高くつき工事期間も長くかかってしまうことになります。

外壁塗装をしないで放置するとどうなる?

外壁の耐久性が落ちる

外壁塗装の役割は、単に美観のためだけではありません。外からの様々な刺激(湿気・雨・風・汚れなど)から、外壁を守ってくれているのです。

しかし、その塗装は年月とともに少しずつ剥がれていって、外壁の耐久性が落ちていくのです。そして、外壁の耐久性が落ちていくと、次のようなことが起こってしまうのです。

防水効果の低下

外壁の耐久性が落ちると防水効果が低下して、水分や湿気の浸入を防ぐことができなくなってしまいます。するとコケやカビが発生しやすくなり、外壁の表面にまで汚れが拡大していきます。

また、防水効果が低下すると壁自体が雨や湿気をもろに受けることになるので、住居部分へ水分が漏れ出し雨漏りなどが起こってしまいます。

ひび割れの発生

外壁塗膜による保護がなくなると外壁材がむき出しの状態になってしまい、外壁材はダメージが蓄積し細かいひび割れ(ヘアークラック)が発生します。初期状態のヘアークラックであれば補修は簡単です。

しかし、ヘアークラックを放置し続けると亀裂は次第に大きくなり、最悪の場合はサイディングやモルタルといった外壁材が割れて剥がれ落ちてきてしまいます。

外壁内部の劣化

外壁のひび割れ部分から湿気・汚れ・雨が直接外壁内へ染み込むため、そこから外壁内部の劣化(腐食)が始まります。腐食が進むと影響は外壁へと及び、外壁が崩れ落ちてくる危険性もあります。

更に、木材部分まで腐食が及ぶと、家が傾く恐れまでも出てきます。家が傾くと隙間ができてしまい、断熱性も低下します。

外壁塗装のメリットはたくさん!劣化症状があれば検討されるのもあり

外壁のチョーキング現象

外壁を指でなぞると白い粉がつきます。チョーキング現象と呼ばれる現象で、塗膜が劣化して、外壁自体に雨水が染み込んでしまう状態です。

・壁の塗装がひび割れ
・塗装の剥がれ
・チョーキング(写真上)

上記のように外壁塗装に異常が見られる場合には、早めに専門業者に見てもらったり、見積もりを依頼したりするようにしましょう。

外壁の劣化を見て見ぬふりをして外壁塗装を避けていると、目先の支出は減らすことができます。しかし、放置しすぎると劣化が進行し家の修理に思わぬお金がかかったりとかえって支出が大きくなってしまう場合もあります。早めに外壁塗装を行えれば、費用も安く抑えることができるのです。

今回は外壁塗装のメリットについてお話させていただきました。この記事に関することや疑問、質問はお気軽にご連絡ください!

無料点検を実施しております

南大阪ペイントセンターでは、ドローンを使った外壁や屋根の無料診断を行なっておりますので、気になる方はお気軽にご連絡ください(^_^)

無料点検のご案内はこちら

お問い合わせはこちら

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912