和泉市で屋根葺き替え工事!屋根の軽量化で耐震性に優れたお宅へ

瓦屋根葺き替え工事
和泉市
Before
施工前
After
施工後
施工地 和泉市 築年数 約40年
価格 168万円 工事期間 7日間
塗料名 ケイミュー コロニアル 塗料種別 スレート瓦
面積 102m2 カラー
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー
築年数 約40年 工事期間 7日間
塗料名 ケイミュー コロニアル 塗料種別 スレート瓦
面積 102m2 カラー
塗料名 塗料種別
面積 m2 カラー

和泉市で屋根葺き替え工事を行いました。大切なお家が雨漏り等により修理が必要になった時、あなたならどうしますか?まずは雨漏りしている箇所やその程度を確認しますよね。

今回のお客様も現状雨漏りにお困りの状況でした。年月が経っている事は分かっていても実際に屋根等のメンテナンスを行うきっかけはやはり雨漏りや瓦の落下など目に見える劣化が起こってから…という場合も多いと思います。屋根材の劣化が激しい時や、室内への雨漏りが確認される場合は屋根の下地に痛みが出ている事も多く部分的な補修や再塗装だけでは不十分な場合もあります。今回の事例は屋根の葺き替え工事です。現状の雨漏りの改善と今後の地震災害なども考えて耐震性にも優れた屋根材に葺き替えます。

瓦屋根から軽量な屋根材へ

 

棟瓦破損

屋根をドローンにより上空から確認した写真です。瓦の棟部分に応急処置をされた後がありました。瓦屋根の雨漏りの場合このように瓦の破損によるものや、瓦と瓦の隙間を埋める為の漆喰の劣化によるものが多く見られます。この様な場合、雨漏りの程度や劣化の度合いによりメンテナンス方法が異なります。劣化が軽度な場合は瓦の破損部分の修繕や傷んだ漆喰を詰め直す事でメンテナンスを行います。雨漏りの状態が深刻で劣化が激しい場合は屋根を全て撤去し、下地の補修や補強を行う必要があります。最近では屋根をリフォームされる際、耐震性という部分にも関心が高まっており屋根の軽量化をご希望される方も増えてきました。

雨漏りの後がくっきり分かります

屋根裏雨ジミ

まずは雨漏り箇所の状態を確認していきましょう。天井裏の状態です。くっきりと雨水によるシミがありました。ここだけではどの部分から雨漏りしているのかまだ分かりません。

室内への雨漏り状況

 

室内雨漏り

室内の雨漏り箇所です。雨漏りによりクロスがめくれてしまっています。建物の内部に水が回っている事が分かりますね。

それでは葺き替え工事がどの様に行われるのか施工の手順を写真と共に見て頂きたいと思います(*^-^*)

既存瓦の撤去

既存瓦撤去

既存の瓦とその下に敷かれている葺き土を全て撤去していきます。瓦の撤去作業は職人さんが手作業で行います。この時、瓦の落下や葺き土の飛散などに細心の注意を払って撤去していきます。

下地のメンテナンス

屋根下地

綺麗に既存の瓦が撤去されました。雨漏りしている場合はこの屋根の下地部分が傷んでいる事も多い為、屋根の下地材が痛んでる所はこの時にしっかり補修しておきます。屋根葺き替え工事は、下地のメンテナンスまでしっかり行える事が大きなメリットと言えます。

下地の強化もしておきます

屋根下地補強

写真の様に垂木を打ち下地を補強していきます。瓦屋根の場合は破損した瓦一枚単位でも修理や交換は可能です。ですが下地のメンテナンスを行う事が出来ないので、雨漏りの程度が酷い場合等はしっかり下地のメンテナンスを行う事をお勧めします。補強した後コンパネを張り下地を綺麗に仕上げていきます。完成時には屋根材の下になる為あまり目立ちませんが、この下地の部分は屋根仕上げ材以上に重要な建材です。

改質アスファルトルーフィング

 

防水シート貼り付け

ルーフィングシート(防水シート)を貼ります。防水シートにもいくつか種類はありますが、弊社では改質アスファルトルーフィングという防水シートを使用しています。

新しい屋根材葺き替え

スレート屋根葺き替え

ルーフィングシートの設置後はいよいよ新しい屋根材が葺き付けられていきます。屋根材も様々な種類と特徴がありますが、今回はカラーベストと言う薄型スレート屋根材を使用します。

瓦屋根に比べ軽量な屋根材なので耐震性にも優れておりデザイン性や施工性の高さから新築やリフォーム問わず幅広く使用されています。

棟板金施工

棟の施工
屋根の棟部分には板金が取り付けられます。一番頂点にあたる部分で屋根材と屋根材が合わさる所です。雨風の影響を特に受ける部分ですので板金を取り付ける事で雨水の侵入を防ぎ強化してくれます。

葺き替え工事き

葺き替え完工
 
葺き替え工事完了です。雨漏りも改善され軽量で耐震性に優れた屋根に生まれ変わりました。見た目にもガラッと変わりシックなイメージになりましたね(*^-^*)
屋根を軽量化する事で建物の重心を下に持っていく事が出来る為、耐震性に強い建物が実現出来るのです。屋根のメンテナンスの方法は屋根の状態やお客様の要望により様々です。

 
南大阪ペイントセンターでは、外壁や屋根のメンテナンスなどお住まいに関するお悩みやお困り事など、いつでも受け付けております。お客様が納得してメンテナンスが行えるようお手伝いが出来ればと思っております。お気軽にご相談下さいね(*^-^*)。
お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談