外壁塗装の坪別ごとの費用相場

外壁塗装の費用相場はお住まいの坪数や使用する塗料によって様々ですが、一般的に30坪ほどのお住まいで60~100万円と言われています。

しかし坪数だけでなくお住まいの状態によっても修繕の必要性が変わるので、概算相場よりも大きく前後する場合もあります。
その為できればお見積りをご依頼されることをおすすめしますが、事前に概算費用相場を把握することで少しでもご不安が解消されますよね。

外壁塗装の坪別ごとの費用相場を比較

外壁塗装の費用は以下の4つの項目から算出されます。

  • 外壁面積(塗装面積)
  • 塗料の種類
  • 外壁の劣化状態(工事内容)
  • 塗装に必要な工事(足場組立など)
1坪=3.3㎡(畳2枚分) つまり1㎡=0.3坪という計算ですね。 
坪数=延床面積  
(例)2階建てのお住まいの場合、1階+2階の床面積を足した坪数のことを指します。

坪数別の外壁塗装面積

坪数計算のイメージ

■塗装面積の求め方
延床面積×係数(1.3~1.7)

※係数とは塗装面積を求める際に使用される数字です。
建物の階数によって係数も変わり、平屋では1.3~1.4の係数、
2階建てで1.5~1.7がおおよその係数です。

『〇〇坪だからこの金額になる』とは確実に申し上げることが難しく、あくまでも”概算費用”の相場としてご理解頂ければと思います。

【これまでのまとめ】
〇坪数×3.3㎡⁼延床面積
延床面積×係数⁼塗装面積

ここでは2階建て住宅という前提で、係数1.7で計算しております。

25坪の場合

25坪×3.3㎡=82㎡(延床面積)
82㎡×1.7=139㎡(塗装面積)

30坪の場合

30坪×3.3㎡=99㎡(延床面積)
99㎡×1.7=168㎡(塗装面積)

35坪の場合

35坪×3.3㎡=115㎡(延床面積)
115㎡×1.7=195㎡(塗装面積)

使用する塗料別の費用相場と耐久年数

外壁塗装に使用する塗料によっても費用相場が異なります。安価な塗料を選択すると一時的なコストを抑えられますが、その分耐久年数が短くなると、こまめな塗り直しが必要になり結果的にトータル金額が大きくなってしまいます。

  • シリコン塗料 耐用年数:7~12年  2,300~3,000円/㎡
  • ラジカル塗料 耐用年数:12~15年 2,500~3,500円/㎡
  • フッ素塗料  耐用年数:15~20年 3,000~4,000円/㎡
  • 無機塗料   耐用年数:15~25年 3,000~4,000円/㎡

上記は主に使用される機会が比較的多い塗料です。
面積下地の状態塗り回数よっても料金相場が変動します。
あくまでも上記の塗料別価格は概算相場ですので、くわしくは無料点検・無料見積りをご活用下さい。

塗料の種類についての詳しい説明はこちらもご参考下さい。→外壁塗料の種類比較【塗料の特徴とおすすめのポイント】

以上の金額から、例えば30坪のお宅(塗装面積168㎡)
ラジカル塗料(2,500~3,500円/㎡)で塗装した場合
168㎡×2800円⁼470,400円が外壁塗装単体での発生する金額です。
 *あくまでも概算費用相場です

外壁の状態によって変わる工事内容

基本的な外壁塗装以外の必須な工事が、”高圧洗浄”です。
高圧洗浄とはその名の通り、高い水圧の水で外壁塗装を行う前に汚れを取り除く工事のことです。弊社では水道水を使用して実施しております。

汚れを取り除く目的以外にも、前回塗装時の古い塗膜を取り除くことができます。塗膜が劣化した際に発生する白い粉(チョーキング現象)などの古い塗膜も取り除くことで、新たな外壁塗装が古い塗膜と一緒に剥がれるのを防ぎます。

  • 高圧洗浄 100円/㎡
以上の金額から、例えば30坪のお宅(塗装面積168㎡)は
168㎡×100円=16,800円が高圧洗浄代として発生する金額です。
*あくまでも概算費用相場です

外壁の状態により追加工事が必要な場合

外壁塗装の時期
お住まいの状態によって、様々な外壁の症状があります。例としてよくある追加工事の例としては、

  • ひび割れ補修
  • 目地内のコーキング補充
  • 雨樋塗装
  • 雨戸塗装

などの工事内容が挙げられます。

この工事内容については、実際にお住まいを拝見させて頂かないと分からない部分ですので、お考えの方は一度無料点検のご依頼をご検討を頂ければと思います。
無料点検・無料見積りのご案内

足場組立の費用相場について

足場
2階建て以上の外壁塗装を行う上で、必要不可欠なのが足場の設置です。
『隣家との間隔が狭すぎて、我が家では難しいのでは…』とご心配の方もいらっしゃると思いますが、足場は40cm以上の距離があれば組み立て可能ですのでご安心下さい。

基本的に足場組立に伴い、飛散防止養生シートというものを取付けます。これは塗料や高圧洗浄のお水がご近所へ飛散しないようにする為のもので、足場組立飛散防止養生シートの取り付けに発生する費用はセットとしてお考え頂ければと思います。足場にも色んな種類が存在しますが、弊社では鋼管製クサビ式足場を採用しております。

  • 足場代 750~800円/㎡
  • 飛散防止養生シート 100~150円/㎡

足場代は外壁から間隔を開けて設置することから、塗装面積=足場設置面積にはなりません。
窓等の開口面積は塗装面積に含まれていないので開口約30㎡を足し、168㎡+開口約30㎡=198㎡(外壁総面積)を算出します。
更に足場面積は外壁総面積の1.2倍になります。

以上の金額から、例えば30坪のお宅(塗装面積168㎡)は
168㎡+開口約30㎡=198㎡(外壁総面積)
198㎡×1.2×(800+150)=225,150円が足場代として発生する金額です。
*あくまでも概算費用相場です

外壁塗装の費用相場まとめ

これまでの金額から、外壁塗装の概算費用相場を算出することが可能です。

例として挙げていた30坪のお宅(塗装面積168㎡)の外壁塗装をラジカル塗料で依頼された場合の概算相場です。

  • 外壁塗装代(ラジカル塗料の場合)168㎡×2,800円⁼470,400円
  • 高圧洗浄代168㎡×100円=16,800円
  • 足場代168㎡+開口約30㎡×1.2×(800+150)=225,150円
  • その他、付帯工事費用(ひび割れ補修や雨樋塗装など)
    *あくまでも概算費用相場です

以上の計算式で30坪のお宅の塗装費用相場は712,350円~という計算です。
もちろん、ひび割れ補修などの付帯工事費用は含まれていない金額ですので、実際にはもう少し高額になる可能性が高いです。

これまでご紹介した金額はあくまで概算相場であり、お住まいの形状や状態によって大きく変動しますのでご注意下さい。

南大阪ペイントセンターでは点検見積りを無料でさせて頂いてます

お客様ご自身でも、概算費用の相場を算出できる方法をご紹介しました。
しかし実際の施工は、ひび割れ補修雨樋塗装などの付帯工事が追加される事がほとんどですので、まずはお住まいの状況を詳しく拝見させて頂くことを強くおすすめ致します。
『実際に訪問してもらう見積りだと、強引な営業をされないか心配…』といご不安もあるかと存じますが、ご安心下さい。

弊社では確かに点検・見積り訪問はお客様のご要望によりさせて頂いてますが、『弊社で工事して下さい』などのセールス活動は実施しておりません。
純粋に『見積りを知りたい、お住まいの状況把握したい』というお客様のご要望に沿ったご案内をさせて頂きますので、じっくりとご検討の材料にして頂ければ幸いです。

こちらの記事もご参考下さい

無料点検・無料見積りのご案内
オンライン無料相談
初めての外壁塗装・屋根塗装
外壁塗装の適切な時期とは?季節と塗り替え目安のポイント

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912