柏原市でベランダ防水工事(ウレタン工程の紹介)

防水工事をしていないベランダ床(施工前)

防水工事をしていないベランダ床(施工前)

柏原市のお客さまのベランダ防水(ウレタン防水)工事の施工手順を簡単に説明したいと思います。大抵のお客様のお家には、ベランダが存在し、壁と同様、年数経つと防水の施工が必要となります。

施工手順を説明していきます。まず塗り面の床を綺麗に掃除します(この時室外機や荷物等あれば作業性能を上げる為に室外機の場合吊り上げたり、荷物の場合はその物をどかして施工しやすい状況を作ります。)

次にプライマーを塗ります。こちらは下地との密着性能を高める効果があります。十分に乾かしてからウレタンを流し込み膜厚を付け防水していきます。

ウレタン防水の工程であるプライマー塗り

ウレタン防水の工程であるプライマー塗り

このウレタン防水時、気を付けないといけない事は、空気が入らないように仕上げていきます。【さらに品質を上げる防水を行うにはクロスを貼る事によって、施工後の亀裂が出来にくくなる特性があります。こちらを付けますと1工程増える為施工料金も少し上がります。】

ベランダ防水の種類には、ウレタン防水以外に水性塗料を使った簡易的な防水もありますが、後に剥がれてきたり恐れもありますので、おすすめではありません。

ウレタン防水の仕上げ塗りが完成

ウレタン防水のTOPコート仕上げ塗りが完成

このままだと不都合がありまして、このウレタン防水のままだと、紫外線照射に弱く、そのためにTOPコートを塗布します。これにより紫外線照射にも対応し長期間もたしてくれます。上写真がウレタン防水完成になります。

ベランダ防水はウレタン防水以外もあります。施工事例も参考にしてください。
・FRP防水工事
・塩ビシート防水工事

松原市でベランダ防水工事を実施 FRP防水による施工

東大阪市にてベランダ防水 耐久性防水性に優れた塩ビシート防水による施工

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912