ひび割れ補修について

モルタルの外壁の場合、塗装前のひび割れの補修工事も雨漏りを防ぐ上で重要な工程となります。

ひび割れの補修方法も、劣化の度合いによって変わってきます。一般的なのがコーキングによるひび割れ箇所の隙間の充填です。ひび割れた隙間に、弾力性のあるコーキング材を充填することにより、多少の地震や揺れが起きても伸び縮みするので隙間ができません。隙間が小さい場合は有効な方法です。

しかし、大きいひび割れの場合は、ただコーキングを充填するだけでは不十分で、Vカット補修という工法が必要です。専用の器具でひび割れ部分をVの字に削ることで、より多くのコーキング材を充填することができ、地震や揺れに対しての追従性をより高める工法です。ただ、デメリットとしてコーキング材のみの補修よりも、補修した痕跡が目立つという欠点もあります。何より大事なのは、建物を雨漏りから守ることなので、多少の見た目を犠牲にしても、しっかりとした補修をすることが大事です。

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912