ベランダや屋上って防水をした方が良いの?しないといけないの?

今回はベランダの防水についてお話したいと思います。

防水には色々と種類がありますので一部をご紹介したいと思います。

ベランダ防水

こちらは屋上の写真です。

ベランダ防水

先ほどの屋上に塩ビシート防水を施した写真です。

塩ビシート防水とは既存防水層がどんな防水層だったとしても上から被せられるシート状の防水です。15~20年程持つと言われてますが破けたりしないかぎり永く使っていただけます。

雨天の気候等にも左右されず施工もできます!雨がふると滑りやすい所もあります。シート状なので継ぎ目があります。

 

ベランダ防水  

完成した写真です。キレイな仕上がりですよね。

 

FRP防水

こちらはFRP防水です。特徴としいぇは強度が大きく軽量です。耐水性・耐熱性・耐久性に優れています。

ポリエステル樹脂に硬化剤を加えて混合し、この混合物をガラス繊維等の補強材と組み合わせて一体にした塗膜防水法です。

木造や鉄に不向きです。10~15年程持つと言われています。トップコートによるメンテナンスを定期的にしていればより永く使っていただけます。

雨漏りのしているベランダや陸屋根には防水は必須ですが、その他の場合必ずしも防水はしなくても良いでしょう。

例えばコンクリートのベランダは水分がコンクリートに浸透します。ベランダの床の下には防水層という物があります。中には浸透した水分により湿気が溜まっています。その湿気をベランダ床から揮発(湿気を吐き出そうとする特性があります。)しようとしますが防水をしてしまうと湿気の逃げ場がなく防水をした床はお餅のように膨らんでしまう事もあります。

 

防水について少しイメージできたんじゃないでしょうか?

 

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912