塗装出来ない(不向きな)屋根材③ セキスイ かわらU

塗装に不向きな屋根材第3弾の今回は、積水化学工業のセキスイかわらUです。

 

セキスイ かわらUとは?

かわらU

セキスイ かわらUはスレート瓦のような平たい瓦ではなく、本物の屋根瓦のような形状で、発売は約40年以上前と長期にわたって使用されてきました。
 
カバー工法にも対応可能だったことと、何よりセキスイのブランド力により屋根の改修の際は真っ先に候補に挙がるほど、元々は信頼性のある人気の瓦材でした。
 
こちらも現在は販売が中止されており、セキスイ自体が瓦の製造販売から撤退しています。
 

かわらUの問題点

 
ではなぜ問題が起き始めたかというと、これもやはりアスベスト問題が関係しています。

 
平成2年8月以前まではアスベストが含まれていたため、強度は問題ありませんでしたが、平成2年8月以降に製造されたかわらUはノンアスベスト製品で、こちらも他の塗装に不向きな屋根材と同じく、メーカーの想定よりも強度・耐久性の無い屋根材となってしまったのです。

 

かわらU

平成2年8月以降のかわらUは以前のような耐久性はなく、表層の剥離や浮き・割れといった症状が、早ければ施工から5年をすぎた辺りから現れるようになりました。

10年以上を過ぎたかわらUは調査にお伺いしても、瓦の上を歩くとバキバキと割れてしまうほど脆く、まともに調査も出来ないものもありました。
 
このような状態では塗装によるメンテナンスでは不可能で、やはり葺き替えやカバー工法が必要です。
 
 
 
 
かわらU
 
当社では過去に一度だけかわらUの塗装を行ったことがあります。
 
写真の様に割れや欠けがほぼ見られず、上に乗ってもバキバキ割れない状態でした。
 
こちらのお宅は
・平成2年8月以前のかわらU(アスベスト含有)
・10年に一度必ず塗装メンテナンスしている
・表面に割れや剥離が無い
 
といった条件が揃っていたため、塗装できると判断しました。

 

かわらU

仕上がりもかなりキレイで、塗装後5年が経過しましたが剥離等の問題は発生していません。

 
ただ、先ほどのような条件を満たしている屋根はほぼ無いと言えますので、メンテナンスのメインはやはり葺き替えやカバー工法となります。
 
 
 
 
フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912