外壁塗装や屋根塗装の失敗しない色選びのコツ

こんにちは!南大阪ペイントセンター代表の榎本です。

 今回のテーマは、色選びです。

業者さんのいいなりになっておりますと、失敗する可能性があります。

失敗するとどうなるか。

次の塗り替えまで、その色で過ごさないといけないのです。

ほぼ毎日、外壁を見ると思いますが、見るたびに、

「失敗したー」と思うかもしれません。

 

ですから、重要です。

でも、色選びのコツをしってれば問題ありません。

では、早速、

 

●なぜ、失敗するのか?

それは、塗料メーカーの見本でのみ選ぶからです。

塗料メーカーの各色の見本は小さいです。

iromihon

こんな感じ↑(A4サイズ)

各メーカーさんの塗料見本は、だいたいこんな感じです。
似たり寄ったり。

なぜ、小さいといけないのか?ですが、

参考までに、色の面積効果というものがあります。

面積が大きくなればなるほど、色が違って見えるのです。
淡い色→明るく(うすく)
濃い色→暗く(濃く)

ですから、色選びのコツとしては、外壁はだいたい淡い色が多いので
見本よりも明るく(うすく)見えると考えた方がいいです。

お家の面積と見本の面積が大きく違うから失敗するのです。

ですから、見本が小さいので、思ってたイメージと違うという可能性が高いです。

 

●色選びの方法

見本帳から気になる色を3種類ほど選び、見本板を作ってもらうといいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 こんなやつです。

業者さんにいうと作ってもらえます。

多くは無料で大丈夫です。

日本ペイント、関西ペイント、エスケー化研などの有名メーカーなら

問題なくつくれます。

これを作ってもらって、お家の外で、外壁にあててみるといいです。

 

●日向と日陰、晴れと曇りで確認しよう

光のあたる場所と、日陰ですね。

晴れと曇り。

明るさによって随分印象が違いますよ。

 

●部屋の中で選ぶな

お家の外とお家の中では見え方が違います。

お部屋の中→照明の光

お家の外→太陽の光

外壁は、お家の外なので、外で確認しましょう。

 

●自分のイメージする色がない場合

こんなのがあります。

迷われるかもしれませんが。

nitoko

日本塗料工業会発行の色見本
塗装業界では、この見本が全国共通の番号になります。

さらに、これにもなければ、メーカーで調合もできます。

 

●カラーシュミレーションはあくまで参考として

カラーシミュレーションというものを使うこともできます。

デジカメであらかじめとった写真を加工するので、専門のスタッフが
必要なので、業者さんによって、有料と無料とがあります。

こんな感じですね。

color_smu

写真をとって、塗装後のイメージがわかるというもの。

プリントしたものを見せてもらうことが多いと思います。

注意点として、仕上がりと違うことも多いということです。

パソコンのディスプレイの違い、プリンターの違い、用紙の違いがあるからです。

個人的には、あくまでイメージと考えた方がいいと思います。

フリーダイヤル0120-306-912
フリーダイヤル0120-306-912