外壁塗装の人気色5選を発表! 外壁の色を決める際のポイント

外壁塗装は新築から10年、前回のメンテナンスから10年に一度行ってあげるのが望ましいとされています。

その際にお悩みになるのは外壁の色ではないでしょうか。

外壁の色はお家の雰囲気を左右しますし、そう何度も塗り替えるものでもないので、一度塗り替えると色の変更はききません。

外壁塗装を成功させるためには、この外壁の色選びが重要になってきます。

このコラムでは近年人気のある色や色選びの際のポイントをご紹介していきたいと思いますので、外壁塗装をご検討中の方や色選びでお悩みの方はぜひご参考くださいね(^^)

外壁塗装の人気色 目次

・外壁塗装の人気色5選
・変色しやすい色と変色しにくい色
・汚れが目立つ色と目立たない色
・今現在の色から大きく変えたい場合
・外壁色の選び方のポイント
・カラーシミュレーションを活用しよう
・まとめ

外壁の人気色5選

ベージュ系

外壁塗装完成全体像

人気ナンバー1はベージュ色です。どんなお家にも合いやすく落ち着いた印象でいい意味で無難なお色です。

汚れも目立ちにくいことから不動の人気ナンバー1です。

グレー系

香芝市外壁塗装完成

ベージュに続きグレー系のお色も人気があります。ベージュと同様、どのお家にも合いやすく他の色にも馴染みやすいことから人気があるお色です。

白と黒の中間色で白や黒よりも汚れが目立ちにくいです。

白系

大東市の外壁塗装完成の家

一時期、人気が高かったお色ですが、最近では再び人気があるお色です。おしゃれな印象で洋風・和風どちらにも馴染みます。

また、白は膨張色ですのでお家が大きく見える効果もあるとされています。

ですが経年劣化で苔やカビ・錆などの汚れが目立ちやすい為、定期的なメンテナンスが必要になってきます。

ブラウン系

外壁塗装完成の家

ブラウン系は温かみのあるお色で落ち着いた印象を持ち、飽きのこない色目であると思います。

ブラウンのレンガ調タイルを使用される方も多いです。

ブラウン系は汚れが目立ちにくいことからおすすめの色です。

黒系

香芝市外壁塗装後

近年人気上昇中のお色が黒系です。黒色はかっこよく高級感のある印象でお洒落な仕上がりになるかと思います。黒系ではガルバニウム鋼板の使用が多いです。

デメリットとしては温度の上昇です。黒色は熱の吸収をしやすく外壁の温度を上昇させてしまうので、温度の上昇を防ぐ塗料の使用がおすすめです。※

※外壁塗装でできる暑さ対策の方法とは?

変色しやすい色と変色しにくい色

外壁は常日頃から紫外線や雨に晒され少しずつ変色していきます。もちろん色褪せも避けては通れません。

同じ塗料を使用していたとしても色目によって変色のスピードは異なってきます

変色しやすい色

鮮やかな色や原色系の色目は変色しやすいとされています。

・緑
・黄色
・紫
・赤

特に赤や紫では日に焼けやすく変色や色褪せのスピードが速いです。

変色しにくい色

・青
・ベージュ
・ブラウン
・グレー
・黒※
・白※

特に青系は変色がしにくい色です。またベージュ・ブラウン・グレー系は汚れも目立ちにくく変色もしにくいとされています。

※白系や黒系は変色がしにくいとされていますが、汚れは目立ちやすい色ですのでメンテナンスは怠れません。

汚れが目立ちやすい色と目立ちにくい色

外壁の劣化として変色と共に気になるのが汚れの付着です。雨や埃の影響により汚れを避ける事は出来ませんが、少しでも汚れが目立たない方がいいですよね。

汚れが目立ちやすい色

・白
・黒
・赤

圧倒的に汚れが目立つ色は白色と黒色です。白色は言わずもがなのですが、黒色は汚れが目立ちにくいのでは?と思われていた方も多いかと思います。

黒色は誇りや砂埃が白っぽく見えてしまいますし、鳥のフンも目立ってしまいます。

赤系は先ほどの変色についてのお話でも出てきましたが、紫外線などの影響で変色がしやすく汚れも目立ちやすいとされています。

汚れが目立ちにくい色

・グレー
・ベージュ

一番汚れが目立ちにくい色はグレーです。グレーは白色と黒色の中間色で埃や砂埃が目立ちにくいとされています。

ベージュもグレーと同様に汚れが目立ちにくく、汚れと同調する効果があります。

汚れを防止する効果のある塗料

外壁塗料の種類

汚れを防止する塗料が各メーカーから発売されています。代表的なものとして以下のものがあります。

・日本ペイント パワーオーデフレッシュ
・関西ペイント アレスアクアセラシリコン
・エスケー化研 セラタイト
・アステックペイントジャパン 超低汚染塗料リファイン

また、汚れを自発的に分解してくれる光触媒塗料というものもあります。詳しくはこちらご覧ください。

汚れを自発的に分解してくれる光触媒塗料についてご存じですか?

今現在の色から大きく変えたい場合

もちろん色を大きく変えてイメージチェンジすることは可能です。

しかし薄い色から濃い色に変更するのは何の問題もないのですが、濃い色から薄い色に変更する際は少々注意が必要です。

下地の色が透けたりする場合がありますので本来ならば3度塗りで完了する塗装工事が4度・5度塗り…と色を重ねる必要があります。

当然コストもかかりますのでご注意くださいね。

外壁色の選び方のポイント

外壁の色の選び方のポイントについてお話したいと思います。

カラーバリエーション

面積効果

面積効果とは色の錯覚のことです。

例えばネットショッピングで買った商品を自宅に届いてから確認すると、思っていた色と違う!といった経験をしたことはないですか?

これは、まったく同じ色であったとしても、商品を小さな面積でみる場合大きな面積で見る場合とでは色の見え方が異なるのです。

外壁塗装人気色 面積効果

実は、小さな面積で見る色の方が大きな面積で見る色よりも濃く見える傾向があります。

外壁の色も同じです。色見本で見るよりも実際に塗料を塗った色の方が薄く感じる事があるのです

そのことを念頭に外壁の色選びをすることをおすすめします。

サッシや屋根など付帯部との相性をみる

外壁塗装の色選びの際に考えなければならない事は、付帯部との相性です。

付帯部とは、屋根・サッシ・玄関ドアなど、壁以外の部分の事を指します。

特に屋根は外壁同様、家の印象を大きく変える部分ですので、屋根との兼ね合いも大切です。

カラーシミュレーションを活用しよう

カラーシミュレーションってご存じですか?

画面上で外壁の色をシミュレーションでき、南大阪ペイントセンターでも大変ご好評いただいている取り組みです。

カラーシミュレーション

しかし注意点もあります。

画面上と実際の色で異なる事があり、多少の色の誤差がでる事があります。

ですが、塗装後のお家全体のイメージがしやすく、一度で何種類もの色を試すことが出来るので活用する価値はあるとおもいます。

カラーシミュレーションについての詳しいコラムがありますのでぜひご覧ください。
外壁塗装の色デザインを決める際に使えるカラーシミュレーション

外壁塗装の人気色5選を発表! 外壁の色を決める際のポイント まとめ

いかがでしたでしょうか?

外壁塗装の人気色5選は、ベージュ、グレー、ブラウン、白、黒 と無難な色目が多かったですね。

色選びで大切なことは将来的に必ず起こり得る変色や汚れのことも踏まえた上で、ご自分の望む雰囲気やイメージを大切にしましょう。

南大阪ペイントセンターでは豊富な色見本やカラーシミュレーションもございますので、ぜひご相談ください(^^)

また、新型コロナウイルス対策としてスタッフの検温・マスク着用・手指消毒を徹底しております。
~新型コロナウイルス対策~工事の依頼をご検討されている方へ

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)   

お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談
お問い合わせ tel:0120-306-912 無料点検・見積もりはこちらから LINEでも相談